医療体制について|認知症の介護施設は愛知県の弥富市・豊田市にある森津介護サービスへ。認知症の診断を受けていなくても要介護認定を受けている方もお気軽にご相談ください。

介護予防 認知症対応型共同生活介護施設 株式会社 森津介護サービス

グループホーム森津介護サービスの特徴

ポイント4 医療体制について

協力医療機関・提携病院は?

森津・森津の里は、名古屋市中村区のまごころ在宅医療クリニックの医師が内科の主治医でおり、月2回定期往診がございます。24時間365日主治医・看護師との連絡が可能となっております。検査等で、専門的判断が必要となった場合には、海南病院を受診致します(ご家族様の希望の病院がございましたらお申出下さい。)

森津苑は、豊明市の三崎クリニックの院長が内科主治医となっております。月2回の定期往診がございます。検査結果等で専門的な判断が必要となった場合には、刈谷豊田総合病院・豊田記念病院等ご家族様のご希望の病院に紹介状を書いて頂き受診致します。

3施設ともに、名古屋フォレストクリニックの河野医師(老年科)が月1回往診に来られます。(受診についてはご家族様の希望に応じます)

服薬管理はしてもらえる?
医療体制について

服薬管理は、スギ薬局に依頼しております。主治医(内科・老年科)の往診の際には、立ち会わられ、薬の変更事由等を主治医・職員に確認の上、処方された薬の梱包をし、カレンダーにして配達を行ってくださっています。
職員は、施錠のついたロッカーで服薬カレンダーを管理し、服薬時に細心の注意を払い、服薬事故のないよう、ご利用者様に服薬をして頂いております。ご依頼があれば、持ち込みの健康食品も管理しております。

看護師の配置はどうなっている?

看護師の配置はございません。週1回提携医療機関より、看護師が派遣され、ご利用者様の健康管理を行っております。そのため、医療依存度の高い方(吸痰等)のご入居はお断りしております。(バルーン留置・ストマーの方などのご入居は可能です。ご相談下さい)
急性憎悪期等の場合は、訪問看護を利用して頂く事もございます。

看取りの体制はあるか?実績は?

看取りの体制は整えてあり、主治医等協力医療機関と連携を取りながら、ご利用者様の個々の状態に合わせて支援させて頂いております。入居時にホームでの看取りの指針をご説明させて頂きます。
その後、医師より終末期のお話しがあった場合、ご家族様のご意向を確認の上、ホームでの看取りを希望される場合には、再度ホームの体制をご説明させて頂き、ご理解の上看取りの支援を開始致します。また、看取りの実績も各施設3名以上ございます(老衰・末期腫瘍等)

機能訓練は可能?

理学療法士や作業療法士等の専門職の配置はございません。生活の中のリハビリとして、歩行練習や手の運動・体操・掃除等、ご利用者様の状態に合わせて、機能訓練をケアプランに取り込みながら行って参ります。

見学や体験入居など、お気軽にお問い合わせください。

グループホームを選ぶ理由は一人ひとり違います。
森津介護サービスの特徴を参考に、ご入居される方やご家族が大切にしたいこと、その優先順位を整理してみてください。
気になるところがあったら、見学や体験入居など、お気軽にお問い合わせください。

介護予防 認知症対応型共同生活介護施設 株式会社 森津介護サービス

プライバシーポリシー


愛知県弥富市鳥ケ地2丁目176番地3 TEL:0567-56-5081

© 株式会社 森津介護サービス All Rights Reserved.